銅と銅タングステンのろう付け(ロー付け)と切削加工

ロー付け
銅(大きいの)と銅タングステン(薄い小さいの)とのろう付け
                    (ロー付け)

FullSizeRender (1)
旋盤加工(切削加工)をした製品右

ろう付け(左)⇒銅タングステンの接点加工(中)⇒φ7とM3加工(右)
(ロー付け)

以前は銅で製品を作られていました。

接点の部分が溶着や摩耗して使えずに故障してしまっていました。

そこで、接点の部分に銅タングステンと言う溶着・摩耗に強い部材に変更

従来の製品より長持ちし故障が無く成る事が期待できます。

お客さんと共に考え行動した製品です。

銀タングステン(Ag-W) ・ 銅タングステン(Cu-W)共に製作出来ます。

御相談下さい。

Cu-Wは、適度な高温硬さと電気伝導度を兼ね備えており、CuとWの中間的な特性を持った素材です。

Ag-Wは、Cu-Wを同様に適度な高温硬さと電気伝導度を備えており、Niの溶接に使われる電極に良く使われています。

ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話06-6758-0974

お問合せフォームはこちら

お問合せ・見積依頼はこちら

ページトップへ
ページトップへ