ヒートシンク(熱交換器)流体に温度変化させる

銅加工の紹介です。ヒートシンクの変形です。

ヒートシンク
組み立て完成品です。

内部を見てみると
パーツ1
4つの基本部品で構成されています。

パーツ2
丸いものにはR1.5㎜の溝が4本切って有り、流体が通り抜けるようになっています。

その時に銅体から熱変化を行い熱交換します。

テーパーに成っていて、挿入後は固定されます。

抜く事も可能な様になっています。

挿入後
挿入後
底蓋を取り付けて
底蓋
上蓋(φ1・0㎜穴を99個)取り付け
ヒートシンク

今回は、気体を流動させて温度管理を行う様に設計されています。

安藤製作所では設計技術者と相談し、より良い製品作りに知恵を絞ってお答えいたします。

ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話06-6758-0974

お問合せフォームはこちら

お問合せ・見積依頼はこちら

ページトップへ
ページトップへ